本文へ移動

水なし印刷

1.VOC削減実績

水なし印刷への切替前と切替後の工場内VOC放散値の比較
単位 ppm
測定部位
切替前(水あり)
切替後(水なし)
削減量
ハイデル菊全判8色機
(SM102-8P-PPF/PPD型)
41
0
100%
第1色組
72
10
86%
第2色組
85
7
91%
第3色組
61
7
88%
第4色組
57
8
86%
第5色組
54
7
86%
第6色組
49
7
87%
第7色組
42
6
85%
第8色組
39
6
84%
29
0
100%
ハイデル菊全判4色機
(SM102-4P型)
45
10
78%
第1色組
45
17
62%
第2色組
181
15
92%
第3色組
71
14
80%
第4色組
122
15
88%
収紙部
46
0
100%
合計
1,041
131
87%
測定箇所によっては、1/10以下までVOC値が低下している。
 
合計でも対水あり比 87%の削減達成!!
VOC測定風景
湿し水中に含まれる代替H液は常にVOCを放出している。
IPAを使用しないH液は、通常のH液に比べ、VOC含有量は高い。
一方水なしの場合、湿し水、湿し添加剤不要なのでVOCの発生なし。

3.会社周辺への環境配慮

上空からの工場周辺写真

①近隣住宅への環境配慮

臭気・・・ダクトを壁下まで下げる。原則敷地内禁煙とし、建物内に喫煙室を設置。
騒音・・・印刷機・加工機の稼働時間帯を、原則8:30~19:30までと設定。
 

②現場社員への環境配慮

印刷資材の変更によるVOC、パウダー等の削減。
環境測定:半年に1回測定。現場のOCN濃度が規定値内か調査。(過去全てクリア)
定期健康診断及び、有機溶剤健康診断を実施。

水なし導入までの遍歴

1972年12月
印刷工場の完全協業化により東京都第1号の共同工場として誕生
2004年9月
三菱重工社印刷機で水なしテスト実施
2004年12月
水なし自動現像機設置
2005年5月
スポットで実運転開始、インキの評価実施
2005年6月
印刷現場環境改善のため、加湿器増設、床の貼り替え実施
2006年8月
既存の三菱機の搬出、ハイデル8色、2×2(中古冷却器)を導入
2009年3月
2台の印刷機で水なしテスト実施
2009年6月
水あり運用時のVOC測定実施
ハイデル8色水なし専用稼働開始
その後課題を逐次改善
2009年8月
ハイデル2×2色機水なし専用稼働開始
2010年7月
水なし化後VOC測定実施
バタフライマーク
本社工場外観

水なし導入後の成果

【導入時の期待】

①水なし印刷の環境優位性を活かした他社との差別化による受注機会増への期待
②印刷オペレーターの高齢化に伴う、若手人材確保、早期育成の必要性の高まり

【導入後の成果】

印刷現場
①品質面
  ・見当精度向上
  ・湿し水トラブル開放
②作業性
  ・立上げ時間短縮
  ・水管理のスキルレス
刷版現場
③収益メリット
  ・現像液、廃液処理費用
  ・湿し水関連資材不要による経費削減
  ・印刷機やローラーなど耐用年数延長
④環境メリット
  ・ノンVOCによる職場環境改善
  ・環境対応で他社との差別化
⑤その他
  ・人材採用、育成の容易化

営業的観点から見た水なしメリット

「グリーン購入法」や「グリーン購入ガイドライン」を元に発注先の印刷会社を選定。ガイドラインに合致した工場作りを行うことと環境優位性を保つ事で印刷物受注時の他社との差別化に取り組む。
 
グリーン購入とは?
 
購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することです。
 
 

「グリーン購入法」

環境に配慮した物品やサービスを購入するよう努める法律。
国等の各機関について調達方針に従って環境に配慮した物品の調達の推進が定められている。
 

「グリーン購入ガイドライン」

グリーン購入ネットワークが策定したガイドライン。
印刷事業者の選定においては「環境に配慮した事業者に印刷物作成を依頼する」とあり、選定項目のひとつに印刷時のVOC発生を抑制できているかどうかというチェックポイントがある。
一手段として水なし印刷という記載も。

水なし印刷工場見学来訪社

来訪年月日
会社名
所在地
1
2011
平成23年9月
竹田印刷株式会社
愛知県名古屋市昭和区
2
2014
平成26年10月
藤庄印刷株式会社
山形県上山市蔵王の森
3
2014
平成26年11月
新圖藝科技設備有限公司
台湾台北市
4
2014
平成26年12月
富士通アプリコ株式会社
神奈川県川崎市中原区上小田中
5
2015
平成27年4月
Excell graphics
インドネシア
6
2015
平成27年8月
株式会社新晃社
埼玉県川口市弥平
7
2015
平成27年9月
株式会社久栄社
千葉県緑区古市場町
8
2016
平成28年4月
朝日印刷工業株式会社
群馬県前橋市元総社町
9
2016
平成28年9月
株式会社新生社印刷
鹿児島県鹿屋町
10
2017
平成29年1月
たつみ印刷株式会社
埼玉県深谷市上敷免
11
2017
平成29年2月
大東印刷工芸株式会社
東京都中央区月島
12
2017
平成29年3月
株式会社ウエマツ
東京都豊島区南長崎
13
2017
平成29年8月
三松堂印刷株式会社
東京都板橋区前野町
14
2017
平成29年9月
丸山印刷株式会社
兵庫県高砂市神爪
15
2018
平成30年5月
中国
シンソー印刷株式会社
〒161-0032
東京都新宿区中落合1-6-8
TEL.03-3950-7221
FAX.03-3950-7227
・定期刊行物・社内報
・マニュアル・パンフレット
・カタログ ・リーフレット
・ポスター ・チケット
報告書  ・記念誌
・自叙伝  ・事務用帳票類 等
・商業印刷物全般
・企画提案ならびに編集
 デザイン・撮影・映像 等
TOPへ戻る